HOME 教育状況公表 本日
⇒#1526@文献;

極性高分子における分子および双極子配向性制御に関する研究

コメント

極性高分子における分子および双極子配向性制御に関する研究

結晶中に欠陥多く存在させ双極子回転が容易にできる

強い極性高分子は結晶でなくとも部分的に極性に集合体作るこのため集合体は電気的および表面の異方性示す

バインダー

材料
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)1)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)2)

PVDF3)

物理量誘電率4)緩和時間5)誘電率6)双極子モーメント7)誘電損失8)


(1@ > ソリュー > 溶剤系バ > PVdF > KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)
KFポリマーL#1120(PVDF+NMP), (材料).
(2@ > ソリュー > 溶剤系バ > PVdF > KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)
KFポリマーL#9130(PVDF+NMP), (材料).
(3PVDF, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2010).
(4誘電率 ε / F/m.
(5緩和時間 tr / s.
(6誘電率 ε / F/m.
(7双極子モーメント μ / D.
(8誘電損失 tanδ / .

引用箇所

出典:極性高分子における分子および双極子配向性制御に関する研究

引用元

田坂茂. 極性高分子における分子および双極子配向性制御に関する研究. . , (参照 1899-12-30T0:0:0+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=1526

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.