🏠
🌡️ 📆 令和5年6月6日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【学会】第38回電池討論会@大阪府豊中市

⇒#72@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

第38回電池討論会@大阪府豊中市1)

集電体と炭素導電助剤の話をしました。

○立花和宏らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能について報告している2)。

○片倉英至らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-について報告している3)。

○千葉祐毅,…らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-について報告している4)。

エネルギーデバイス…は、電池やキャパシタは正極と負極からなります。電子絶縁体として誘電体や電解質が使われます。 電池の電極は、集電体、活物質、導電助材、結着材、電解液などからなります。ことが知られている5)。

◆1997(平成9)年度研究ノート6)
●電池討論会7)



高等学校 > é«˜æ ¡åœ°ç† > è¿‘畿地方 > å¤§é˜ªåºœ,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).

【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

(1高等学校 > é«˜æ ¡åœ°ç† > è¿‘畿地方 > å¤§é˜ªåºœ,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
○立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(3正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(4正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(5緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚®ãƒ¼ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(6◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).
(7【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=72


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.