🏠
🌡️ 📆 令和6年4月14日
戻る 進む

🗒️ 平成18年度化学物質管理研修会@山形県庁

⇒#703@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#🗒️👨‍🏫平成#🗒️👨‍🏫ジクロロメタン#🗒️👨‍🏫リスクコミュニケーション

平成18年度化学物質管理研修会

開催日200722 13301630

(1)平成18年度PRTR届出状況及び危機管理の徹底について
  山形県文化環境部環境企画課 環境保全室 高橋
 山形県内の17年度の事業所総数は644事業所インターネよる電子申請数195事業所であった

 総排出量 988t/
  トルエン260t/ジクロロメタン235t/キシレン216t/トリクロロエチレン 84t/エチルベンゼン51t/

 危機管理について

(2)PRTR届出の必要性とPRTRデータ活用について
 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター リスク管理 主査 澤田 光博

 NITEの紹介CHRIPhttp://www.safe.…紹介
 リスク評価ベース管理現在化学物質管理主な課題
 化学物質管理関連法令
 PRTR制度基本概念PRTR制度意義
 PRTRデータ公表状況 
  回目のデータ年間5トン以上の事業者
  それ以降の回目は年間1トン以上の事業者
 PRTRデータ流れ開示請求
  開示請求の手数料は用紙にプリントしたもの20請求年度すべてのデータCD-Rに複写したもの100である窓口は経済環境省で手に入れるすべてのデータ手に入るその他は関係省庁の管轄内容のみ
 平成16年度PRTRデータ
  届出数の推移届出排出量移動量の推移届出排出量移動量の比較
 PRTR活用に向けた取り組み
 化学物質リスク評価実施

(3)リスクコミュニケーション実際について
 化学物質アドバイザー 河合直樹株式会社テトラス 代表取締役
 リスクコミュニケーションリスコミ必要性
 リスクコミュニケーションどうのように行われるか
 企業側に求められる対応

by 伊藤智博

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=703

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.