🏠
🌡️ 📆 令和5年2月7日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ ?

⇒#518@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


Weekly レポート 2006年6月第1週
日時:2006/05/29~2006/06/02
目的:ラットへのTEMPOL投与のIn vivo計測法について学ぶ。
方法:ネンブタール麻酔薬(1ml/kg)をラットの腹腔内に投与する。ラットの気道を確保する。十分、麻酔が効いているのを確認後、ヘパリン生理食塩水入りシリンジ・27G*1/2翼付静注針を尾静脈内に挿入、固定する。尾静脈に固定された翼付静注針はそのままで、シリンジだけを、50mM TEMPOLシリンジに置き換える。LGRにラットの頭部を固定し、ラットにO?を曝露しながら測定する。
結果:L-band ESR装置の植物と動物での使い方の違いを学べた。
後の計画:In vivo計測前のラットの処理を一人でできるようにする。麻酔を怖がらずにできるようにする。測定結果をまとめる。

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=518


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.