HOME 教育状況公表 本日
⇒#518@研究ノート;

?

日時
関係者(共同研究者)


Weekly レポート 20066月第1
日時2006/05/292006/06/02
目的へのTEMPOL投与のIn vivo計測法について学ぶ
方法ネンブタール麻酔薬(mlkg)腹腔内に投与する気道確保する麻酔が効いているの確認後ヘパリン生理食塩水入りシリンジ27*翼付静注針尾静脈内に挿入固定する尾静脈に固定された翼付静注針はそのままでシリンジだけ50mM TEMPOLシリンジ置き換えるLGRに頭部固定しO?曝露しながら測定する
結果L-band ESR装置植物動物での使い方の違い学べた
後の計画In vivo計測前の処理人でできるようにする麻酔怖がらずにできるようにする測定結果まとめる


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=518

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.