🏠
🌡️ 📆 令和5年2月3日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 有機電解による生体材料金属の粗面化(RSP)

⇒#213@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


有機電解による生体材料金属の粗面化

●生体材料金属とは

毒性やアレルギー反応を示さず化学的に安定
生体組織適合性がよい。
発癌性、抗原性がない
血液凝固や要訣を起こさない
代謝異常を起こさない
生体内劣化、分解が起こらない。
抽出されない。
吸着物や沈殿物を生じない。

●耐食性のあるインプラント材料
インプラント材料として金属、高分子、セラミックス)などがある。
金属は強度と強靭性をかねそなえており人工骨や人工関節などに応用されている。

Vイオンの強い細胞毒性、Alイオンの神経毒性が懸念されている。
ステンレス合金(SUS316, SUS316L)など
チタン合金(Ti, Zr, Sn, Nb, Ta)

講演会@山形市

2003年7月1)



2003年7月
立花和宏, 研究ノート, (2003).

(12003年7月
立花和宏, 研究ノート, (2003).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=213


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.