🏠
🌡️ 📆 令和6年7月25日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ RGB値からXYZへの変換

⇒#1915@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)豊田;大木

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
#フォーリン-チオカルト法

豊田らの卒業論文を元に、ひとまず,下記の方法で,RGB値からXYZ値への変換をやってみた

1.画像ファイルをPhotoShop CS6( sRGB, IEC61966-2.1)の色空間で読み込み
2.sRGB値を算出
3.ガンマ値を補正して,リニアRGBに変換(JIS 9204)
4.RGBからXYZに変換(JIS Z8781-1)

【関連テーマ】
豊~朗は、2010年に、それまでの研究をスキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した1)。

【関連グラフ】
スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)2)

【関連表】
フォーリン-チオカルト法の条件3)

【関連書籍】
測光と測色4)
測色のための標準の光5)



スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.

(1スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
豊田 樹朗, 山形大学  ç‰©è³ªåŒ–学工学科, 卒業論文 (2010).
(2スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.
(3フォーリン-チオカルト法の条件表.
(4 > ç‰©ç†ï¼šæ¸¬å…‰ã¨æ¸¬è‰²
国立天文台 編, 理科年表, 丸善式会社, 物103(453), (2009).
(5 > æ¸¬è‰²ã®ãŸã‚ã®æ¨™æº–の光
国立天文台 編, 理科年表, 丸善式会社, (2009).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
2015 R-3 H27 S90 T104 M148
2016 R-2 H28 S91 T105 M149
2017 R-1 H29 S92 T106 M150
*

◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1915
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.