HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒459@卒論;
2010 卒業論文

Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  清水 愛美
公表資料 非公表資料

卒論】Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果⇒#459@卒論;
Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果
清水 愛美, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2011).

  1. アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材


カーボンナノチューブ使った電極合材と集電体の密着性の向上

カーボンナノチューブ般のアセチレンブラに較べてアルミニウム集電体への密着性が良い

アルミニウム沸騰水処理することによって炭素材料との密着性は格段に向上するその原因は炭素材料官能基とアルミニウム酸化物あいだにおける種の化学結合の形成によるということXPSCV結果より結論した

○森田茉季,…らは2010年にで開催された2010年電気化学秋季大会において粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性について報告している粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性1)

先輩
かわだアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)2)まき液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用3)

化学種
酸化アルミニウム4)
フッ化アルミニウム5)
水酸化アルミニウム6)

試料
アセチレンブラ基準試料アセチレンブラック(基準試料)7)

ESCA-1000用データシステム8)XPSESCAXPS(ESCA)9)

関連講義卒業研究-電気化学2004,2010年度平成22卒業研究【2010年度(平成22)卒業研究】10)



粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性
○森田茉季,清水愛美,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

ESCA-1000用データシステム
,島津製作所 ESCA-VISION2,,(島津製作所,).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XPS(ESCA),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性
○森田茉季,清水愛美,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(2アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)
川田 聖人, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(3液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用
森田 茉季, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(4酸化アルミニウムAluminum OxideAl2O3, = 101.9612 g/mol, (化学種).
(5フッ化アルミニウムAlF3, = 83.9767 g/mol, (化学種).
(6水酸化アルミニウムAl(OH)3, = 78.00352 g/mol, (化学種).
(7アセチレンブラック(基準試料), 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(8ESCA-1000用データシステム
,島津製作所 ESCA-VISION2,,(島津製作所,).
(9実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XPS(ESCA),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).


実験方法

準備するもの

サンプル 装置使用履歴

作成手順

評価の方法

結果と考察

グラフ

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 清水 愛美. <q><cite> Al集電体への炭素材料密着性に及ぼす表面処理の効果 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=276'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=276</a>, (参照 <time datetime="2017-11-19">2017-11-19</time>). </article> </li>