HOME 教育状況公表 本日
⇒#425@卒論;
2009 ( 2008 , 2009 , ) 卒業論文

電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響

山形大学  物質化学工学科  尾形研    吉田真由美

卒業論文、修士論文、博士論文 2008 2009



本研究ではEDLC電極の炭素ラジカル発生ついてin situ ESR用いて測定し電解質カチオン溶液中の溶存酸素がEDLC電極でのラジカル量に及ぼす電解条件との関係調べること目的とする

○吉田らは2008年に〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 州大学医学部で開催された第47 回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008)おいて電気重層キャパシタ電極おける炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオン影響ついて報告している1)

○伊藤智博,…らは2009年に東京農工大学小金井キャンパス(小金井市中町2-24-16)で開催された2009年電気化学秋季大会においてIn situ電子スピン共鳴法による電気重層キャパシタおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価について報告している2)

Tomohiroらは2010年にApplied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetryについて報告しESRよるEDLC用電解液の劣化解析3) …と述べている4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電助材|電解液5)

後輩せきね6)いしけん7)



電気二重層キャパシタの電極における炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオンの影響
○吉田真由美,小林賢雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,第47回電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, pp.162-163 (2008).

In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価
○伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1電気二重層キャパシタの電極における炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオンの影響
○吉田真由美,小林賢雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,第47回電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, pp.162-163 (2008).
(2In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価
○伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).
(3ESRによるEDLC用電解液の劣化解析プロジェクト.
(4Applied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetry
Tomohiro ITO, Masakastu KOBAYASHI, Mayumi YOSHIDA, Tomohito SEKINE, Kazuhiro TACHIBANA, Tatsuo NISHINA and Tateaki OGATA, Electrochemistry, Vol.78, No.5, in press., (2010).
(5結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|電解液,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6In situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価② -炭素電極のラジカル量と電位依存性の関係-
関根智仁, 卒業論文, (2010).
(7In situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価① -炭素電極のラジカル量から見る経年劣化機構-
石川健太, 卒業論文, (2010).


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的

実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表URL

<li> <article> 吉田真由美. <q><cite> 電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=250'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=250</a>, (参照 <time datetime="2019-8-26">2019-8-26</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2009   吉田真由美,  山形大学  All rights reserved.