HOME 教育状況公表 本日
⇒#58@講義;

000.  酸塩基滴定


この 講義 無機・分析化学基礎実験 の単元です。 この講義(酸塩基滴定)の親単元は 特になし です。

初版
目的
ブレンステローリー定義よればプロトン与えうる物質であり塩基他の物質からプロトン受け取ることのできる物質であるこの定義に従えば塩基反応プロトン移動反応である量論的には1 molで何molプロトン出すか塩基1 molで何molプロトン受け取るかが重要となる
ここでは濃度既知のまたはアルカリ濃度未知のアルカリまたは定量する塩基滴定通して酸と塩基反応ついて考察する1)

中和滴定曲線2)
(1物質の変化
佐野博敏、花房昭静, 新編化学図解, 第一学習社, (1998).
(2中和滴定曲線,体積,pH, (プロット).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 酸塩基滴定 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=7853'> 無機・分析化学基礎実験 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=58'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=58 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-14">2019-12-14</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=58

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.