🏠
🌡️ 📆 令和4年12月9日
⇒#4826@講義;

👨‍🏫   対照実験

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫

卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 実験方法(C1) 」 の中で、 「対照実験」について 述べられています ⇒#4826@講義;。

📆 初版

二重盲検法とか、実験計画法とかいろいろありますが、まずは対照実験。

工学部の研究は、いわばどう作れば一番いいのかを調べるわけです。

例えて言うなら、細麺の米沢ラーメンと太麺の喜多方ラーメン。

小麦粉からラーメンを打って手揉みするところから初めてもいいのですが、まあ、麺は出来合いのものを準備することにしましょう。

タレとか、具も全部いっしょにしなければ、細麺の米沢ラーメンと太麺の喜多方ラーメンの違いかどうかははっきりしませんね。もちろん茹で時間も同じにします。

そして、出来上がった米沢ラーメンと太麺の喜多方ラーメンをみんなで試食して、うまいのまずいのと意見を出し合う。

まあ、ざっくり言えば、これが対照実験に基づく研究です。

ある日、米沢ラーメンを作って、ひとりで食べて、忘れたころに喜多方ラメーンを作って、ひとりで食べてでは、研究にならないのですね。まして完食したかどうかはあまり重要視しなくてもいいのです。

米沢ラーメンの塩加減を研究するときも同じです。一度に塩加減の違うラーメンを作って、みんなで試食する。試食会の人数分だけ一度に作るというのがポイントです。

アセチレンブラックの濃度を変えたスラリーの研究をするのもいっしょです。まずは濃度の違うスラリーを一度に作って、みんなで評価しましょう。

ひとりで一種類のスラリーを作って、ひとりで黙々と測定している風景を目にすることがあります。これでは、まるで「ぜんぶひとりで食べたの!えらいでしょ?」と言っている小さな子供のようです。

作ったものを評価するのは、顧客です。研究室の学友であり、教職員であり、共同研究の相手先であり、学会発表の聴講者であり、国民の全ての皆さまです。提供された貴重なサンプルで作ったものを全部自分で食べないで、試作品としてお返ししましょう。当社比とするために、基準となる試作品、たとえば以前の試作品といっしょにお出しするのを忘れずに。


関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl4826' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4826'> ◇ </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 対照実験 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4826'> <q><cite> 対照実験 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2018.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4826'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4826 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-12-9">2022-12-9</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4826


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.