HOME 教育状況公表 令和4年9月28日
⇒#3972@講義;

  集電体と合材の密着性と接触抵抗


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 リチウムイオン二次電池電極の調整・塗布乾燥条件と電池性能の関係 」 の中で、 「集電体と合材の密着性と接触抵抗」について 述べられています ⇒#3972@講義;。

初版
関連講義卒業研究-電気化学2004,炭素導電助材に対する異種接触19981)

○武田浩幸,…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてリチウムイオン次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象について報告している2)

関連講義卒業研究-電気化学2004,カーボン材料カーボンブラ3)

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 炭素導電助材に対する異種接触(1998),刊行物@C1(1998◆H10)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (2011).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(カーボンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > 炭素導電助材に対する異種接触(1998),刊行物@C1(1998◆H10)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(2リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (2011).
(3実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(カーボンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl3972' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3972'> ◇ </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 集電体と合材の密着性と接触抵抗 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3972'> <q><cite> 集電体と合材の密着性と接触抵抗 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2012.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3972'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3972 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-9-28">2022-9-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3972


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.