HOME 教育状況公表 令和2年10月30日
⇒#3591@講義;

  分散系バインダー(SBR系)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(分散系バインダー(SBR系))の親単元は 分散系バインダー です。

初版
アルミニウムフッ化皮膜に対してのドナーアクセプター?としての機能が強くEDLC構成すると半導体的なバタフライ型のCVが得られますアノード側でリーク電流多く分解電圧低くなる傾向があります電池正極合材スラリー使った場合は内部抵抗接触抵抗の上昇に伴うサイクル寿命について心配があります

これらの原因が樹脂の構造そのものに起因するのか重合時に混合される界面活性剤に起因するのかは議論がわかれるところです

分散バインダーなのでレオロジー制御難しくヒビクルとしてCMCなど混合して使いますがCMC局所的濃度勾配ができやすいためやはり信頼性で不安があります

材料
スチレンブタジエンゴムSBR1)結着材2)

試料
水系バインダーゴム3)
BSラテクスブタジエンスチレン4)

関連講義エネルギー変換化学特論,溶剤バインダー水系バインダー5)

研究テーマ
あらいは2009年にそれまでの研究リチウムイオン次電池用バインダによる炭素導電パス阻害の評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した6)


エネルギ > 【201 > 化学工学 > 溶剤系バインダーと水系バインダー,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).

(1@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチ > ゴム > スチレンブタジエンゴム(SBR)
スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(2@ >  > 結着材
結着材, (材料).
(3水系バインダー(ゴム), 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(4BSラテックス(ブタジエン/スチレン系), 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2004).
(5エネルギ > 【201 > 化学工学 > 溶剤系バインダーと水系バインダー,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).
(6リチウムイオン二次電池用バインダによる炭素導電パス阻害の評価
荒井 俊彰, 卒業論文, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3591'> <q><cite> 分散系バインダー(SBR系) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2011.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3591'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3591 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-10-30">2020-10-30</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3591

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.