HOME 教育状況公表 本日
⇒#2984@講義;

  ITO|ポリイミド|液晶分子|炭素材料(界面)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ITO|ポリイミド|液晶分子|炭素材料(界面))の親単元は ITO|ポリイミド|液晶分子(界面) です。

初版
グラファイト材料バイアス電圧が小さくても電流リーク大きく位相差がに近い

まきは2010年にそれまでの研究液晶プローブした炭素材料表面の評価いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

にれぎは2010年にそれまでの研究液晶材料使ったリチウム電池用活物質導電剤表面評価いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)


関連講義
3)
カーボン材料アセチレンブラ4)
交流インピーダンス5)


実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(グラファイト系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(アセチレンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1液晶場をプローブとした炭素材料表面の評価(仮)
森田 茉季, 卒業論文, (2010).
(2液晶材料を使ったリチウム電池用活物質・導電剤表面の評価
楡木 崇仁, 修士論文, (2010).
(3実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(グラファイト系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(アセチレンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(5実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ITO|ポリイミド|液晶分子|炭素材料(界面) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2984'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2984 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-21">2019-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2984

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.