HOME 教育状況公表 本日
⇒#2873@講義;

  第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価

立花和宏
http://www.gijutu.co.jp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価)の親単元は Li電極材料の分散・凝集とスラリー調整・塗布・乾燥技術 です。

初版
 電極材料塗布乾燥プロセス電極評価電池性能評価

スラリー分散塗布1)
粉体の液中分散2)
化学工学機械的操作目次3)

印刷適性満たす必要がある厚み

乾燥スラリー

電池性能バインダー

山村方人らは2009年に精密ウェコーティングの基礎について精密ウェコーティングの基礎 スロトダイコーティンググラビアコーティングと述べている4)

リチウムイオン電池の製造5)
関連講義電極構造の理解とスラリー調整インピーダンス測定の基礎,2 電極スラリー調整塗布乾燥と電極動作の理解6)

よくわかる顔料分散目次7)

やぎぬまは2010年にそれまでの研究リチウムイオン電池合材スラリー最適化というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した8)

バインダ…は活物質9)と導電助材10)結着して合材11)したり合材集電体12)接着したりします活物質や導電助材が凝集しないための高分子分…ことが知られている13)

松木健立…らは1999年にLiMn2O4系に対する導電付与材集電体&電解液の効果について報告しリチウムイオン次電池の正極活物質であるマンガンリチウム14)系の電池反応において導電付与材集電体&電解液がどのような影響およぼすか検討した15) 【関連…と述べている16)

関連講義リチウムイオン電池電極スラリー調整分散技術,リチウムイオン電池電極スラリー調整分散技術200917)



電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 合材,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 集電体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

 > リチウムイオン電池電極スラリーの調整・分散技術(2009),
立花 和宏,リチウムイオン電池電極ス, 講義ノート, (2009).

(1 > 顔料分散の3つのステップ
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(2 > 粉体の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(3 > 化学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).
(4精密ウェットコーティングの基礎
山村方人, 表面技術,60,420(2009).
(5 > リチウムイオン電池の製造
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(6電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(7 > よくわかる顔料分散(目次)
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(8リチウムイオン電池合材スラリーの最適化
柳沼 雅章, 修士論文, (2010).
(9実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(10実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(11実験方法 > 材料&試 > 合材,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(12実験方法 > 材料&試 > 集電体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(13実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(14マンガン酸リチウムLiMn2O4, FW = 180.8146 g/mol, (化学種).
(15正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(16LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木健三、立花和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, (1999).
(17 > リチウムイオン電池電極スラリーの調整・分散技術(2009),
立花 和宏,リチウムイオン電池電極ス, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2873'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2873 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-21">2019-10-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2873

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.