🏠
🌡️ 📆 令和6年6月16日
⇒#2613@講義;

👨‍🏫 0001.  電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある


電池特性とインピーダンス では、 「 電池特性とインピーダンス 」 の中で、 「電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある」について 述べられています ⇒#2613@講義;。

📆 初版
#起電力

電池には起電力 E ã€”V〕があります。電流が流れなくても、電気がたまってなくても電圧があります。

1.電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある第3講 水の安定領域と過電圧1)

1-1.電池の起電力と内部抵抗電池の起電力と分解電圧2)

1-2.ダニエル電池の正極とリチウムイオン二次電池の正極の比較

1-3.一般的なリチウムイオン二次電池の電極構造

1-4.休止時の電池内部の電位プロファイル

1-5.電池の放電と短絡における電位プロファイル

1-6.充電時の電池内部の電位プロファイル

2009年3月

【関連講義】

エネルギー変換化学特論,第3講 電気の輸送第3講 水の安定領域と過電圧3)

電位プロファイル4)

【参考文献】

電池の起電力
(田 薫、原納 淑郎、鈴木 啓三. å¿œç”¨ç‰©ç†åŒ–å­¦II. åŸ¹é¢¨é¤¨, . ï¼‰

電池の起電力と分解電圧
(井上 勝也 著. ç¾ä»£ç‰©ç†åŒ–学序説 改訂版. åŸ¹é¢¨é¤¨, . ï¼‰

電池の起電力と内部抵抗

直流回路
(中村英二、吉沢康和. æ–°è¨‚物理図解. ç¬¬ä¸€å­¦ç¿’社, . ï¼‰

電気と磁気
(数研出版編集部. è¦–覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. æ•°ç ”出版, . ï¼‰


第3講 水の安定領域と過電圧
電池の起電力と分解電圧
2009年3月
第3講 水の安定領域と過電圧


関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✍ 平常演習

💯 課外報告書 Web Class



<h3 > <a id='yznl2613' href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2613'> 👨‍🏫 </a> <a href='http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/'> 電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある </a> </h3>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2613'> <q><cite> 電池の起電力と内部抵抗-電気が流れてなくても電圧がある </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11163'> 電池特性とインピーダンス <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2613'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2613 </a> ,  (参照 <time datetime="2024-6-16">2024-6-16</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2613
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.