HOME 教育状況公表 本日
⇒#2500@講義;

  鉄と鋼

/amenity/~host/yz/c1/Education/Industry.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(鉄と鋼)の親単元は 金属材料 です。

初版
材料鋳鉄1)

卒論片状黒鉛鋳鉄の被削性に及ぼす各種要因の研究2)

みえは2009年にそれまでの研究鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価3)

しげのは2008年にそれまでの研究片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究というテーマで博士論文としてまとめ山形大学卒業した片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究4)

関連講義仁科先生の工場見学ルポ,株式会社マツバラ株式会社マツバラ@岐阜県5)

講演題名 鋳造シミュレーションよる共晶反応時の冷却速度の推定
    FC鋳鉄において共晶反応時の冷却速度が,黒鉛の成長生地組織に大きく影響している.そこで,実測値とシミュレーションよる冷却曲線のチング行うとともに,その他部位での冷却曲線の推定行った.その結果とともに逆チル現象に対する考察も行う.

関連講義無機工業化学,鉄鋼精錬と建材造船鉄道石炭 2009鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2009)6)
講義ノート鉄鋼@無機工業化学7)

鉄鋼関連 > 株式会社マツバラ@岐阜県,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).

無機工業 > 2009 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2009),2009年(H21年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).

無機工業 > 金属工学 > 鉄鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2012).

(1@ > 無機材料 > 金属 > コモンメ >  > 鋳鉄
鋳鉄, (材料).
(2片状黒鉛鋳鉄の被削性に及ぼす各種要因の研究
川島 浩一, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 博士論文 (2011).
(3鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価
鈴木 美恵, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2009).
(4片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究
重野 勝利, 山形大学  物質化学工学科, 博士論文 (2008).
(5鉄鋼関連 > 株式会社マツバラ@岐阜県,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).
(6無機工業 > 2009 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2009),2009年(H21年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).
(7無機工業 > 金属工学 > 鉄鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2012).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 鉄と鋼 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2500'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2500 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-21">2019-9-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2500

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.