HOME 教育状況公表 本日
⇒#170@講義;

0006.  化学エネルギーから光エネルギーへの変換


この 講義 無機工業化学II の単元です。 この講義(化学エネルギーから光エネルギーへの変換)の親単元は エネルギー変換 です。

初版
化学発光などについて説明しますガスコンロが青いのは色反応ではありません燃料が燃焼酸化する際にラジカル発生して化学発光しているからです1)

化学ポテンシャル2)×物質量3)アボガドロ定数4)×プランク定数5)×振動数6)

化学エネルギー7)から
化学エネルギーから電気エネルギーへの変換8)
化学エネルギーから熱エネルギー9)への変換10)
化学エネルギーから力学エネルギー11)への変換12)

光エネルギー
化学エネルギーから光エネルギーへの変換13)
電気エネルギーから光エネルギーへの変換14)
熱エネルギーから光エネルギーへの変換15)

光エネルギーから
光エネルギーから力学エネルギーへの変換16)

関連講義電気化学の庵,と電磁波光エネルギー17)

ガスの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

化学エネルギーから熱エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

化学エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).

化学エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

光エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).

光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

(1ガスの科学館,電気・ガス・水道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(2化学ポテンシャル(Chemical potentialμ [ジュール毎モル].
(3物質量(amount of substancen [モル].
(4アボガドロ定数(Avogadoro constantNA = 6.02214199E+23 [毎モル].
(5プランク定数(Plank Constanth = 6.62602876E-34 [ジュール秒].
(6振動数(ν [ヘルツ].
(7化学エネルギー(chemical energyG [ジュール].
(8化学エネルギーから電気エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(9熱エネルギー(heatQ [ジュール].
(10化学エネルギーから熱エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(11力学エネルギー(mechanical energyE [ジュール].
(12化学エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).
(13化学エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(14電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(15熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(16光エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).
(17光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 化学エネルギーから光エネルギーへの変換 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11025'> 無機工業化学II <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=170'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=170 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-20">2019-9-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=170

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.