HOME 教育状況公表 本日
⇒#175@講義;

0006.  電気エネルギーから光エネルギーへの変換

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 無機工業化学II の単元です。 この講義(電気エネルギーから光エネルギーへの変換)の親単元は エネルギー変換 です。

初版
電気エネルギーから光エネルギーへの変換物質のかかわりについて説明します白熱電球蛍光灯水銀灯1)などの照明器具ばかりでなくテレビブラウン管や携帯電話ディスプレイなど情報とのかかわりについても説明します

白熱電球は実は電気エネルギーいったん熱エネルギーに変えてそれから光エネルギーに変えています

有機EL2)では正孔電子結合によって発光します

電気エネルギー電力3)×時間4)
電気エネルギー電気量5)×電圧6)
電子エネルギー電気素量7)×電圧
光子光エネルギープランク定数8)×振動数9)

電気エネルギー10)から
電気エネルギーから光エネルギーへの変換11)
電気エネルギーから力学エネルギーへの変換12)
電気エネルギーから化学エネルギーへの変換13)

光エネルギー14)
化学エネルギーから光エネルギーへの変換15)
電気エネルギーから光エネルギーへの変換16)
エネルギーから光エネルギーへの変換17)

光エネルギーから
光エネルギーから力学エネルギーへの変換18)
光エネルギーから化学エネルギーへの変換19)

物理量照度20)

関連講義
電気化学の庵,光と電磁波光エネルギー21)
エネルギー変換化学特論, pn接合過電圧センサー22)


有機EL製品.

エネルギ > 電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

エネルギ > 電気エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 電気エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 化学エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).

エネルギ > 熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

エネルギ > 光エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).

エネルギ > 光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

エネルギ > 【200 > 第6講 pn接合と過電圧、センサー(半導体と界面),【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

(1水銀灯ファイル.
(2有機EL製品.
(3電力 P / W.
(4時間 t / s.
(5電気量 Q / C.
(6電圧 V / V.
(7電気素量 e = 1.602176462E-19 / C.
(8プランク定数 h = 6.62602876E-34 / J・s.
(9振動数 ν / Hz.
(10電気エネルギー E / J.
(11エネルギ > 電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(12エネルギ > 電気エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2006).
(13エネルギ > 電気エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(14光エネルギー E / J.
(15エネルギ > 化学エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(16エネルギ > 電気エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2004).
(17エネルギ > 熱エネルギーから光エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(18エネルギ > 光エネルギーから力学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2009).
(19エネルギ > 光エネルギーから化学エネルギーへの変換,エネルギー変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(20照度 x / lx.
(21高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁波(光エネルギー),物理量と単位
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(22エネルギ > 【200 > 第6講 pn接合と過電圧、センサー(半導体と界面),【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電気エネルギーから光エネルギーへの変換 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11025'> 無機工業化学II <a/a> 講義ノート, 2004. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=175'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=175 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-26">2019-8-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=175

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.