HOME 教育状況公表 本日
⇒#1656@講義;

  リチウム電池用気密セル


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(リチウム電池用気密セル)の親単元は 電気化学セル です。

初版
ガラスのすり合わせ使ってテフロンキャがすっぽるはまるようにして外からテフロンテープ巻いてしあげます

○武田浩幸,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池の正極活物質と集電体界面の密着性について報告している1)

岩佐 和弘は1997年にそれまでの研究金属酸化物内部のイオン移動伴う電極反応に関する研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

さかもとは2002年にそれまでの研究有機電解液中におけるバルブメタルアノード皮膜特性いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

坂本君が環境に優しいセル使い始めたのですが定着しなかったようです

電気化学セルの構成4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,有機電解液リチウム電池EDLC5)

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解液(リチウム電池、EDLC),電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(2金属酸化物内部のイオン移動を伴う電極反応に関する研究
岩佐 和弘, 修士論文, (1997).
(3有機電解液中におけるバルブメタルのアノード皮膜特性
坂本 裕輔, 卒業論文, (2002).
(4 > 電気化学セルの構成
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(5実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 有機電解液(リチウム電池、EDLC),電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> リチウム電池用気密セル </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1656'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1656 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-19">2019-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1656

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.