HOME 教育状況公表 本日
⇒#1344@講義;

  発展実験


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(発展実験)の親単元は イベント@C1 です。

初版
月分テーマ


ゴム支持体に炭素材料混練したリチウムイオン次電池における負極特性の評価

赤外線熱画像装置用いたゴム支持体に炭素材料混練したリチウムイオン次電池における負極の充放電過程のその場観察

電解液導電率アルミニウムブレークダウン電圧較正

粘着テープ用いた電極合材と集電体との接着状態の数値化

ESR測定よる酸化ニオブ粉末常温液体窒素温度おける点欠陥定量分析

EDLC接触抵抗対するバインダ種類プレス圧の評価

酸化皮膜対する電解質アニオン影響

液晶高速応答性の評価

ダインダアルミニウム集電体不働態皮膜反応及ぼす影響

10電極構造よる充放電特性の評価


人or 人でテーマ取り組んでもらい行ったところまで報告してもらいます
報告会での指摘によりさらにその内容発展させたい場合にはそのまま引き続いて行ってください試薬等の不足に関しては自身で行ってください
上記のテーマありますが他にやりたいことがあればMや先生に相談の上危険ないように取り組んでください

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 発展実験 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1344'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1344 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-22">2019-11-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1344

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.