HOME 教育状況公表 本日
⇒#1217@講義;

  有機電解液中におけるアルミニウムの不働態化


この 講義 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧 の単元です。 この講義(有機電解液中におけるアルミニウムの不働態化)の親単元は 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧 です。

初版
アルミニウムアジピンアンモニウムなどの水溶液中でアノード酸化したとき緻密なバリア型の不働態皮膜生成するバルブメタルして知られている2)般に水溶液中におけるアルミニウムアノード酸化次のような反応で進行しAl2O3酸化皮膜生成するこのときアルミニウム溶媒酸化物イオン供給源としている

アルミニウムアノード酸化1)

このようなアルミニウムじめとするバルブメタルアノード酸化関する研究は古くからありそれらの要点は不働態皮膜中横切るイオン電流密度jと皮膜に印加される高電場eとが非線形な関係にあるということでそれに類した理論は高電場機構呼ばれているそのもっとも典型的な関係として(2)示したのがA. GunterschulzeとH. Betzであり1934年のことである2)

非水溶媒中でのアルミニウムブレークダウン電圧挙動としてLiBF4LiPF6(C2H5)4NBF4でのクロノポテンショグラム 1示す水溶液中でアノード酸化した場合と同様に直線的な電位上昇が確認されるがその上昇速度は酢水溶液より急激であるブレークダウン電圧LiBF438LiPF619Vと水溶液系よりかなり低いまた(C2H5)4NBF4でわかるようにカチオン種類あまり影響与えないなおこのブレークダウン電圧有機電解液中の水分濃度とともに上昇し1200ppmの水分含むLiBF458Vとなりその後の水分増加に対しては頭打ちとなる

BMIBF4中でのアルミニウムブレークダウン3)

70回ARS例会4)

BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウングラフ.

(1)   3Al + 2H2O =   Al2O3 + 6H+ + 6e-, ?, (反応-477).
(2電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)
A. Gunterschulze, H. Betz, Journal Full.(1934).
(3BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウングラフ.
(4第70回ARS例会会議.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 有機電解液中におけるアルミニウムの不働態化 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11125'> 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1217'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1217 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-19">2019-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1217

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.