HOME 教育状況公表 本日
⇒#11125@シラバス;

非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧

-- 
http://syllabus-web.yamagata-u.ac.jp/2005/html/2005_05_10002.html


このシラバス10313 科目 として開講されています。


概要

非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧1)

ブレークダウン電圧2)

1984528日に旭化成工業実近健および吉野彰発明人として出願されたひとつの特許があった1)その特許はコバルトリチウム正極したリチウムイオン次電池においてその集電体にアルミニウム最適であること開示するものだったこの特許の中では明らかにされていないがリチウムイオン次電池の正極集電体としてのアルミニウム非水材料である有機電解液中で不働態化し耐食性発現するという重要な機能担っていたしかもその不働態皮膜は電池のカソード材料接触より絶縁性失い集電体しての機能も両立させていたのである


(1非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧
立花 和宏, 第70回ARS例会, (2006).
(2VBブレークダウン電圧breakdown voltageボルト, (物理量).

課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11125

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.