HOME 教育状況公表 本日
⇒#757@講義;

0001.  ブレークダウン電圧、耐電圧、化成電圧、電位上昇速度


この 講義 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧 の単元です。 この講義(ブレークダウン電圧、耐電圧、化成電圧、電位上昇速度)の親単元は (null) です。

初版
ブレークダウン電圧1)電子なだれ起こす電圧
耐電圧2)アノード酸化可能な電圧
化成電圧3)
電位上昇速度4)

ブレークダウン電圧は導電率5)小さいほど高くなる傾向があります6)

16回ARS琵琶湖コンファレンス滋賀県長浜市7)
固体電解コンデンサ8)

ブレークダウン電位…はアルミニウム9)タンタル10)ニオブ11)アノード酸化してそれいじょう電位上昇しない電圧ブレークダウン電圧12)いいます13)

加藤正義, 内田悦美らは1984年にアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオン影響ついてアジピンアンモニウム溶液中で温度定で濃度変えた際の絶縁破壊電圧,濃度定で温度変えた際の絶縁破壊電圧,比抵抗定の条件下での絶縁破壊電圧あるいは温度と濃度定でPh変えた際の絶縁破壊と述べている14)


実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

第16回ARS琵琶湖コンファレンス@滋賀県長浜市
立花和宏, 研究ノート, (1999).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > タンタルとその酸化物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1ブレークダウン電圧(breakdown voltageVB [ボルト].
(2耐電圧(withstand voltageVb [ボルト].
(3化成電圧(Vf [ボルト].
(4電位上昇速度(v [ボルト毎秒].
(5導電率(conductibityρ [ジーメンス毎メートル].
(6実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7第16回ARS琵琶湖コンファレンス@滋賀県長浜市
立花和宏, 研究ノート, (1999).
(8固体電解コンデンサ,,etc,,
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2009).
(9実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(10実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > タンタルとその酸化物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(12ブレークダウン電圧(breakdown voltageVB [ボルト].
(13実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > クロノポ > ブレークダウン電位,クロノポテンショメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(14アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオンの影響
加藤正義, 内田悦美 (東京理大工); 工藤忠人 (電解はく工業), 金属表面技術,35,475(1984).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> ブレークダウン電圧、耐電圧、化成電圧、電位上昇速度 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11125'> 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=757'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=757 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=757

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.