🏠
🌡️ 📆 令和4年12月6日
⇒#1013@講義;

👨‍🏫   シュウ酸ナトリウム標準溶液の調製


無機・分析化学基礎実験 では、 「 試薬の溶解と調整 」 の中で、 「シュウ酸ナトリウム標準溶液の調製」について 述べられています ⇒#1013@講義;。

📆 初版
0.05 M シュウ酸ナトリウム1)標準溶液調製 組で調製
1) 最初に空の秤量びんふた付重量精密電子天秤で求めておき110℃で乾燥してあるシュウ酸ナトリウム  g 上皿電子天秤使ってはかりとるその後精密電子天秤で再び全体の重量求め差し引きからシュウ酸ナトリウム正確な重さ求める試薬取りすぎないことまたこぼさないように細心の注意払うこと
2) シュウ酸ナトリウムこぼさないように注意してビーカー100 mL移す秤量びんに付着したシュウ酸ナトリウム洗浄びんから水吹きつけて流し込むこれに適量の水加えよくかき混ぜて溶かす溶けにくいときは金網上で加温して溶かしたのち室温まで冷却する
3) 溶液250 mL メスフラスコ移しビーカー水で?回洗い洗液もメスフラスコ流し入れるメスフラスコ加え標線のわずか下まで水加える最後は洗浄びん用いて正しく標線まで水滴下する共栓して?回上下に倒立しよく混合する乾燥したポリエチレンびん (250 mL) 移し保存する
Na2C2O4 FW = 134.0

(1シュウ酸ナトリウムsodium oxalateNa2C2O4, FW = 133.9992 g/mol, (化学種).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl1013' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1013'> ◇ </a> <a href=''> シュウ酸ナトリウム標準溶液の調製 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1013'> <q><cite> シュウ酸ナトリウム標準溶液の調製 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=7853'> 無機・分析化学基礎実験 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1013'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1013 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-12-6">2022-12-6</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1013


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.