HOME 教育状況公表 本日
⇒#1011@講義;

  試薬の溶解と調整


この 講義 無機・分析化学基礎実験 の単元です。 この講義(試薬の溶解と調整)の親単元は (null) です。

初版
試薬の溶解と調整

2. 試薬の溶解希釈
Dissolution of Reagent and Dilution

注意 実験当日以前に予習して予め空欄埋めておくように
予習して来ない場合は実験に取り掛かれないものとする
扱う薬品は目に入ると危険なので保護メガネ着用すること

1. 目的
酸塩基滴定酸化還元滴定錯滴定で用いる溶液の調製操作通してガラス器具電子天秤などの実験器具取り扱い方濃度計算修得する

2. 準備
2-1. 器具 (Instrument)
薬さじ (Spoon)
薬包紙 (Weighing paper)
ラベル (Label)

2-2. 試薬 (Reagent)
塩酸 (Hydrochloric acid, HCl)
水酸化ナトリウム (Sodium hydroxide, NaOH)1)
硫酸 (Sulfuric acid, H2SO4)2)
シュウ酸ナトリウム (Sodium oxalate, Na2C2O4)3)
マンガンカリウム (Potassium permanganate, KMnO4)
アンモニア (Ammonia, NH3)
塩化アンモニウム (Ammonium chloride, NH4Cl)
水酸化カリウム (Potassium hydroxide, KOH)
金属亜鉛 (Zinc, Zn)
エチレンジアミン酢酸ナトリウム
(Ethylenediaminetetraacetic acid disodium salt, EDTA-2Na)

準備室4)

(1水酸化ナトリウムsodium hydroxideNaOH, FW = 39.99714 g/mol, (化学種).
(2硫酸sulfuric acidH2SO4, FW = 98.07948 g/mol, (化学種).
(3シュウ酸ナトリウムsodium oxalateNa2C2O4, FW = 133.9992 g/mol, (化学種).
(4表面キーワード.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 試薬の溶解と調整 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=7853'> 無機・分析化学基礎実験 <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1011'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1011 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-16">2019-12-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1011

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.