HOME 教育状況公表 本日
⇒#728@研究ノート;

【論文】さとる;コッククロフトウォルトン回路

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

【論文】さとる;コッククロフトウォルトン回路

発行200612

34. Design and Operation verification of Integraetd Battery Assembly Charger Using Cockcroft Walton Circuit 共著 2006.12 J.Asian Electric Vehicles
4(12):
pp. ククロフトウォルトン回路リチウムイオン次電池に応用し検証した
担当部分実験と論文作成
(Kazuhiro Tachibana, Satoru Tanaka, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, Tateaki Ogata and Michio Sugawara)

さとる1)
さとるは2007年にそれまでの研究安全な電気自動車用リチウムイオン次電池の設計技術に関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)

投稿組み電池のためのククロフトウォルトン回路用いた充電器の設計と動作確認3)

雑誌J.Asian Electric Vehicles4)



【投稿】組み電池のためのコッククロフトウォルトン回路を用いた充電器の設計と動作確認
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【雑誌】J.Asian Electric Vehicles
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

(1リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
田中 智, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
(2安全な電気自動車用リチウムイオン二次電池の設計技術に関する研究
田中 智, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
(3【投稿】組み電池のためのコッククロフトウォルトン回路を用いた充電器の設計と動作確認
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(4【雑誌】J.Asian Electric Vehicles
立花 和宏, 研究ノート, (2010).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=728

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.