HOME 教育状況公表 本日
⇒#643@研究ノート;

【投稿】非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧

日時
関係者(共同研究者)


表面技術締切25

非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧1)

表面技術協会かきおろし2)
イオン液体関連3)BMIBF4中でのアルミニウムブレークダウン4)
20075)
論文イオン液体中におけるアルミニウムブレークダウン電位漏れ電流6)

水溶液中におけるアルミニウムアノード酸化皮膜ブレークダウン電圧古くから研究されているが本講演では有機溶媒イオン液体などの非水溶液中におけるアルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧酸化マンガン導電性高分子炭素等の固体材料が接触した状態でのアルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧他のバルブメタル金属比較しながら議論する

70回ARS例会神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス7)

70回ARS例会8)
非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧9)

イオン液体中におけるアルミニウムブレークダウン電位漏れ電流10)



 > ●表面技術協会かきおろし,
立花 和宏,非水カソード材料とアルミ, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.

2007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
立花和宏, 研究ノート, (2006).

(1非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2006).
(2 > ●表面技術協会かきおろし,
立花 和宏,非水カソード材料とアルミ, 講義ノート, (2007).
(3実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.
(52007年2月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(6【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(7【講演】第70回ARS例会@神奈川県横浜市慶應義塾大学日吉キャンパス
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(8第70回ARS例会会議.
(9非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧
立花 和宏, 第70回ARS例会, (2006).
(10【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
立花和宏, 研究ノート, (2006).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=643

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.