🏠
🌡️ 📆 令和4年11月30日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ MRI見学@山形大学医学部付属病

⇒#603@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


MRI見学@山形大学医学部付属病院

2006年10月4日に山形大学医学部付属病院に行って、MRI装置を見学してきた

そこには、フィリップスの3T1)と1.5TのMRI装置が設置されており、最先端の医療設備を見学でき、非常に感動した。

とにかく、MRI室に入る前に、言われたのは、デジカメやカメラは壊れると。。。
講義の資料の作成のために、写真を撮らねば、学生さんに申し訳が立たぬと、思い、カメラが壊れたら、もったいないけど、決心を固めて撮影した。

騒音レベルは、概ね90dB(80後半~90前半)であった。低域雑音(Cモード)のほうが若干、大きかった。
3Tおよび1.5TのMRI装置では、違いは、ぼほなかった。技師の方に聞いたら、音はメーカで決まるとのこと。
音は、測定モード(ファンクション;T1、T2強調;拡散などなど専門用語で勉強不足)の種類によって異なった。その音色がさまざまで感動した。音の原因は、磁場勾配を印加するときに、振動するとのことであった。
その詳細な理由は、特許(特開平07-210256)を読んで、より納得した。

測定時間は、3.5分程度であること。空間分解能は1mm以下とその性能の高さに驚いた。

また、アルミ板を3Tの磁場の中にいれると、ゆっくり倒れる現象は、非常に印象的であった。
関連映像(ハイビジョン映像:720p):mms://stream.yz.…

このような機会を与えていただき、山形大学医学部付属病院の方々に感謝いたします。ありがとうございました。

☆☆☆ 関連 ☆☆☆
付属病院URL:http://www.id.ya…


(1テスラT磁束密度, (単位).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=603


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.