HOME 教育状況公表 本日
⇒#227@研究ノート;

【学会】196th Meeting of the ECS(ハワイ)

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

196th Meeting of the ECS

バインダ1)気にし始めたのはこのころ

で潜水艦に乗りました
陸軍博物館Army Museum2)

K. Tac…らは1999年にで開催された196th Meeting of the ECSにおいてImpurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Batteryについて報告している3)

T. Nis…らは1999年に開催された196th Meeting of the ECSにおいてConductivity Controlling of Oxide Scale on Corroded Metal Components by Applying Hetero-contact Techniqueについて報告している4)

●電気化学会5)
1999年度平成11卒業研究6)
1999平成11年度ノート7)



実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

ミュージ > 歴史・民 > ハワイ陸軍博物館(Army Museum),歴史・民俗資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (1999).

Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).

Conductivity Controlling of Oxide Scale on Corroded Metal Components by Applying Hetero-contact Technique
T. Nishina, K. Tachibana, T.Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).

【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

◆1999(平成11)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

(1実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2ミュージ > 歴史・民 > ハワイ陸軍博物館(Army Museum),歴史・民俗資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (1999).
(3Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).
(4Conductivity Controlling of Oxide Scale on Corroded Metal Components by Applying Hetero-contact Technique
T. Nishina, K. Tachibana, T.Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).
(5【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(6緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(7◆1999(平成11)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2010).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=227

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.