🏠
🌡️ 📆 令和5年5月30日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 太陽光発電を用いた学術情報基盤センター通信機器の動作試験

⇒#2060@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

太陽光発電を用いた学術情報基盤センター通信機器の動作試験

2014年9月6日の法定停電に対応するため,学術情報基盤センターの通信機器を太陽光発電設備によって動作をさせた.動作させた通信機器は,ボーダースイッチ,ボーダールータ,光接続用ONU,ファイアーウォール,UTM装置である.
停電開始の9:00~17:00において,消費電力2kWの負荷に電力を供給した.停電開始時の太陽光発電設備のリチウムイオン2次電池の受電容量は,15kWであり,停電終了時刻における太陽光発電設備のリチウムイオン2次電池の残量は,10kWhであった.停電の時間帯において,センターへの電力共有が停止することはなかった.

【研究ノート】太陽光発電および公共・産業用リチウムイオン蓄電システム運用開始1)
【研究ノート】太陽光発電による通信設備の電源2重化開始2)
【研究ノート】太陽光発電設備による通信機器の落雷・停電対応3)



太陽光発電および公共・産業用リチウムイオン蓄電システム運用開始
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

太陽光発電による通信設備の電源2重化開始
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

太陽光発電設備による通信機器の落雷・停電対応
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

(1太陽光発電および公共・産業用リチウムイオン蓄電システム運用開始
伊藤 智博, 研究ノート, (1).
(2太陽光発電による通信設備の電源2重化開始
伊藤 智博, 研究ノート, (1).
(3太陽光発電設備による通信機器の落雷・停電対応
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=2060


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.