HOME 教育状況公表 本日
⇒#1802@研究ノート;

In situ ESR測定を目指したエネルギーデバイス評価用ラミネートセルの開発

日時
関係者(共同研究者)

http://mri.yz.yamagata-u.ac.jp/

In situ ESR測定を目指したエネルギーデバイス評価用ラミネートセルの開発

In situ ESR測定目指したエネルギーデバイス評価ラミネートセル開発

関連研究テーマ
電池材料のESR評価1)
In situ ESR測定目指した電池材料評価用ラミネートセル開発2)

関連情報
石炭の種類と炭素ラジカルg値関係3)

関連業績
有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針目指したin situ ESR測定用高感度電気化学セル開発4)


(1炭素ラジカルを指標とした電池材料の評価法の研究
髙橋 夏美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(2In situ ESR測定を目指した電池材料評価用ラミネートセルの開発
永井 明雄, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(3石炭の種類と炭素ラジカルのg値の関係.
(4有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針を目指したin situ ESR測定用高感度電気化学セルの開発
伊藤智博,永井明雄,立花和宏,尾形健明,仁科辰夫, 科学・技術研究, (2012).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1802

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.