🏠
🌡️ 📆 令和6年4月15日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【学会】平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市

⇒#156@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#🗒️👨‍🏫化学#🗒️👨‍🏫美術館#🗒️👨‍🏫科学館#🗒️👨‍🏫岩手県

平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市

盛岡市子ども科学館、美術館、盛岡市先人記念館、原敬記念館などを見学しました。
先人記念館でC5の学生さんに会いました。

盛岡市先人記念館1)
http://www.city.…

盛岡市子ども科学館2)
http://kilkhor.c…

盛岡冷麺をたべました。

赤峰広規らは、2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系9学協会連合東北地方大会においてニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果について報告している3)。

及川文成,立,二酸化マンガ,化学系9学協4)
仲宗根亮,田,PRTR法に,化学系9学協5)

平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会-仙台6)

●化学系9学協会連合東北地方大会7)
●2004年度-平成16年度8)
◆2004(平成16)年度研究ノート9)
2004年9月10)



新渡戸稲造(にとべいなぞう),人物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

盛岡市子ども科学館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).

【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).

2004年9月
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(1新渡戸稲造(にとべいなぞう),人物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2盛岡市子ども科学館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(3ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(4二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(5PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(6【学会】平成17年度化学系9学協会連合東北地方大会@宮城県仙台市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(7【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(9◆2004(平成16)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(102004年9月
立花和宏, 研究ノート, (2004).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
1999 R-19 H11 S74 T88 M132
2000 R-18 H12 S75 T89 M133
2001 R-17 H13 S76 T90 M134
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
*

◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=156
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.