🏠
🌡️ 📆 令和6年4月24日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【講演】リチウムイオン電池の高変換率・高出力化_日本テクノ@東京

⇒#1180@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#講演

【講演】リチウムイオン電池の高変換率・高出力化

主催:日本テクノセンター
日時:2010年1月7日(木)13:00~17:00(4Hr)
8日(金)9:30~14:30 (4Hr)合計8Hrのご講演(4コマ)。
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 新宿第一生命ビル 22F
電話番号 : 03-5322-5888

リチウムイオン電池の高変換率・高出力化1)

日本テクノセンターセミナー2)

リチウムイオン二次電池に使われる電解液、活物質、導電助材、結着材、集電体など構成材料とそれらの界面が電極でどのように電流経路を制御しているのか基礎的な概念について概説し、特に正極に焦点をあてて、合材スラリーの調整から乾燥までの製造プロセスの視点から議論する。

【講演】電気化学におけるインピーダンスの測定・解析3)



【講演】電気化学におけるインピーダンスの測定・解析
立花和宏, 研究ノート, (2009).

(1リチウムイオン電池の高変換率・高出力化,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2009).
(2日本テクノセンターセミナー会議.
(3【講演】電気化学におけるインピーダンスの測定・解析
立花和宏, 研究ノート, (2009).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
2015 R-3 H27 S90 T104 M148
*

◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1180
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.