HOME 教育状況公表 本日
⇒#528@卒論;
2012 卒業論文

カイワレ大根の総ポリフェノール量に及ぼす酸化ストレス負荷の影響

山形大学  物質化学工学科      斎藤 充慶

卒業論文提出(最終) 2012 2013

卒論】カイワレ大根の総ポリフェノール量に及ぼす酸化ストレス負荷の影響⇒#528@卒論;
カイワレ大根の総ポリフェノール量に及ぼす酸化ストレス負荷の影響
斎藤 充慶, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).



    カイポリフェノール

    材料フェノール試薬1)
    手法フォーリン-チオカルト法
    機器フラトベドスキャナー(EPSON GT-S620,EPSON)フラットベッドスキャナー2)


    同期
    植物ストレスポリフェノールフォーリン・チオカルト法とデジタル画像処理を用いた総ポリフェノール量の比色分析3)
    うこぎポリフェノールうこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響4)

    先輩
    高〜大は2012年にそれまでの研究スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業したスキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―5)
    さやえんどうは2007年にそれまでの研究ESR法によるヒメウコギ抗酸化能評価の研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究6)
    豊〜朗は2010年にそれまでの研究スキャナによる多検体同時比色分析法の検討というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業したスキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)7)

    文献資料
    http://jglobal.j…
    特開201133347,ポリフェノールの定量法

    関連書籍
    ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent8)



    フラットベッドスキャナー
    ,EPSON GT-S620,スキャナ,(EPSON,).

    (1フェノー > フェノール試薬
    フェノール試薬Phenol Reagent, (材料).
    (2フラットベッドスキャナー
    ,EPSON GT-S620,スキャナ,(EPSON,).
    (3フォーリン・チオカルト法とデジタル画像処理を用いた総ポリフェノール量の比色分析
    大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
    (4うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
    加賀 いづみ, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
    (5スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
    高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
    (6ESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究
    遠藤芳寛, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
    (7スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
    豊田 樹朗, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
    (8ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent
    International Organization for Standardization, International Organization for Standardization, (2005).


    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

    <li> <article> 斎藤 充慶. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2012. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=528'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=528</a>, (参照 <time datetime="2018-7-23">2018-7-23</time>). </article> </li>


    卒業論文 ©Copyright  2012   斎藤 充慶,  山形大学  All rights reserved.