HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒235@卒論;
2009 卒業論文

鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  鈴木 美恵
公表資料 非公表資料

【卒論】鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価⇒#412@卒論;
鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価
鈴木 美恵, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2009).

  1. リチウム電池(アルニウム)
  2. 鉛電池
  3. アルミニウム関係


鋳鉄の組織分析

かわしま,す…らは2008年に石川県石川郡野々市町扇が丘7-1 金沢工業大学扇が丘キャンパス開催された日本鋳造工学 153回全国講演大会において片状黒鉛鋳鉄被削性に対する格子間距離の影響について報告している片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響1)

かわしま…らは2008年に石川県石川郡野々市町扇が丘7-1 金沢工業大学扇が丘キャンパス開催された日本鋳造工学 153回全国講演大会において片状黒鉛鋳鉄切削加工時における切削速度刃具温度と被削性について報告している片状黒鉛鋳鉄の切削加工時における切削速度・刃具温度と被削性2)

しげのは2008年にそれまでの研究片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究というテーマで博士論文としてまとめ山形大学卒業した片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究3)

装置
ドクターラップ4)

関連講義
仁科先生の工場見学ルポ,株式会社マツバラ株式会社マツバラ@岐阜県5)
鉄と鋼6)
鋳鉄と被削性7)
2008年度平成20卒業研究【2008年度(平成20)卒業研究】8)



片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響
○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵,(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会講演要旨集 (2008).

片状黒鉛鋳鉄の切削加工時における切削速度・刃具温度と被削性
川島浩一,重野勝利,立花和宏,鈴木美恵,(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会講演要旨集 (2008).

ドクターラップ
,マルトー(株) ML-160,,(,).

鉄鋼関連 > 株式会社マツバラ@岐阜県,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > 鉄と鋼,金属材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > 緒言と目 > 鋳鉄と被削性,緒言と目的
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1片状黒鉛鋳鉄の被削性に対する格子間距離の影響
○川島浩一,重野勝利, 立花和宏,鈴木美恵,(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会講演要旨集 (2008).
(2片状黒鉛鋳鉄の切削加工時における切削速度・刃具温度と被削性
川島浩一,重野勝利,立花和宏,鈴木美恵,(社)日本鋳造工学会 第153回全国講演大会講演要旨集 (2008).
(3片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究
重野 勝利, 山形大学  物質化学工学科, 博士論文 (2008).
(4ドクターラップ
,マルトー(株) ML-160,,(,).
(5鉄鋼関連 > 株式会社マツバラ@岐阜県,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2008).
(6実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > 鉄と鋼,金属材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(7緒言(C > 緒言と目 > 鋳鉄と被削性,緒言と目的
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(8緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).


実験方法

準備するもの

サンプル 装置使用履歴

作成手順

評価の方法

結果と考察

グラフ

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 鈴木 美恵. <q><cite> 鋳鉄の凝固解析および組織観察による被削性評価 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=235'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=235</a>, (参照 <time datetime="2017-9-22">2017-9-22</time>). </article> </li>