HOME 教育状況公表 本日
⇒#407@卒論;
2009 卒業論文

リチウムイオン二次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研    瀧本 亮

卒業研究について 2008 2009



リチウムイオン次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性
蓄電ゴム用いたリチウム電池の短絡防止技術の開発
蓄電ゴムの開発株式会社フコク1)

イソプレンゴムIR2)ブタジエンゴムBR3)クロロプレンゴムCRスチレンブタジエンゴムSBR4)アクリロニトリルブタジエンゴムNBRエラストマーなどがあります

可塑性弾性粘性などが気になりますSP値なども気になります

学会平成20年度化学系学協会東北大会青森県戸市5)

イオン性液体しみこませられるゴム

K. Tat…らは2008年にEnergy Storage Rubber: Lithium Ion Battery Assembly with LiMn2O4 and TiO2 as Electrode Materialsについて報告し蓄電ゴム正極マンガンリチウム負極酸化チタン使ったアセンブルテスト たては2008年にそれまでの研究ポリマーマトリクス中の物質移動が電池反応に及ぼす影響というテーマ修…と述べている6)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,ゴムポリマー7)
卒業研究-電気化学2004,蓄電性ゴム8)
卒業研究-電気化学2004,2008年度平成20卒業研究9)
ピカッとさいえんす,花粉と空気清浄機10)



【学会】平成20年度化学系学協会東北大会@青森県八戸市
立花和宏, 研究ノート, (2008).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポリマー,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 蓄電性ゴム,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

四丁目サ > 花粉と空気清浄機,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

(1蓄電ゴムの開発/株式会社フコクプロジェクト.
(2イソプレンゴム(IR), (材料).
(3ブタジエンゴム(BR), (材料).
(4スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(5【学会】平成20年度化学系学協会東北大会@青森県八戸市
立花和宏, 研究ノート, (2008).
(6Energy Storage Rubber: Lithium Ion Battery Assembly with LiMn2O4 and TiO2 as Electrode Materials
K. Tate, K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo, T. Watanabe, and M. Sugawara, ITE-IBA Letters, 1, No.1, (2008).
(7実験方法 > 材料&試 > ゴムとポリマー,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 蓄電性ゴム,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(9緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10四丁目サ > 花粉と空気清浄機,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).


実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 瀧本 亮. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=233'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=233</a>, (参照 <time datetime="2018-10-24">2018-10-24</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2009   瀧本 亮,  山形大学  All rights reserved.