🏠
🌡️ 📆 令和6年4月19日
⇒#268@卒論;
2005 ( 2004 , 2005 , ) 卒業論文

👀 In vivo ESRスピンプローブ法による植物の大気汚染ガスストレス応答計測

山形大学  物質化学工学科  尾形・仁科研  03521635  黒澤 秀宏

卒業研究について 2004 2005



植物はその生育環境の中で様々なストレスを受けている.植物のストレス耐性を測る試みの中で,電子スピン共鳴(ESR)法による研究が始められ,傷,光,温度,気体曝露などを始めとするストレスに対する応答計測が行われている.
本研究では,スピンプローブESR法を用いて,インビボで植物のストレス応答を評価すること,および本法に関わる現象の機構解明を目標とした.具体的には,L-バンドESR装置を用いて,大気汚染物質を意図した気体(二酸化窒素,オゾン)を使用し,これらに曝露された植物の酸化還元状態の測定を行い,植物成分への阻害物質1)の影響を調べることによって,ストレス応答機構についての情報を得た.同一固体中の葉間の情報伝達を探るため、ESR画像法を用いる計測も行った。


(1Mechanosensitive synoviocytes: A Ca 2+-PKCα-MAP kinase pathway contributes to stretch-induced hyaluronan synthesis in vitro
, T.S. Momberger, J.R. Levick, R.M. Mason, MATRIX BIOLOGY, 25, 306-316 (2006), (2006).


◇ 緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的


◇

🔷 実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル や 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 表にまとまっていると読者が追試しやすいです。

黒澤 秀宏の管理するサンプル

準備するもの

サンプル の 履歴

作成手順

消耗品の 履歴

評価の方法

装置と 使用履歴

図

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。


◇ 結果と考察

物理量( 起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 図や 表、 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

図 (グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や 表 には図題(キャプション)や表題をつけます。 図や 表の 説明にはひとつの段落を使います。


◇ 参考文献 ( 書籍 ・雑誌 ・口頭発表 ・URL )

黒澤 秀宏の学会発表


◇ 参考文献

<li> <article> 黒澤 秀宏. <q><cite> In vivo ESRスピンプローブ法による植物の大気汚染ガスストレス応答計測 </q></cite>. 山形大学 ç‰©è³ªåŒ–学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=268'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=268</a>, (参照 <time datetime="2024-04-19">2024-04-19</time>). </article> </li>

<h1> In vivo ESRスピンプローブ法による植物の大気汚染ガスストレス応答計測 </h1> <div style='text-align:right;'> 03521635  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=268'> 黒澤 秀宏 </a> </div>

卒業論文 ©Copyright  2005   黒澤 秀宏,  å±±å½¢å¤§å­¦  All rights reserved.