HOME 教育状況公表 本日
⇒#170@卒論;
2000 ( 1999 , 2000 , ) 卒業論文

化学分析法における基本の習得~マンガン酸化物のマンガン数決定技術の向上~

山形大学  物質化学工学科  仁科研究室    成田 淳

卒業研究について 1999 2000



化学分析法における基本の習得~マンガン酸化物マンガン数決定技術の向上~

容量分析 滴定

関連講義無機分析化学基礎実験,試薬溶解調整1)



 > 試薬の溶解と調整,
遠藤 昌敏,無機・分析化学基礎実験, 講義ノート, (2006).

(1 > 試薬の溶解と調整,
遠藤 昌敏,無機・分析化学基礎実験, 講義ノート, (2006).


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的

実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表URL

<li> <article> 成田 淳. <q><cite> 化学分析法における基本の習得~マンガン酸化物のマンガン数決定技術の向上~ </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2000. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=81'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=81</a>, (参照 <time datetime="2019-8-19">2019-8-19</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2000   成田 淳,  山形大学  All rights reserved.