HOME 教育状況公表 令和3年9月19日
⇒#709@講義;

  コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 テーマ実験 」 の中で、 「コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用」について 述べられています ⇒#709@講義;。

初版
1緒言及び目的
 近年鉛蓄電池常に満充電に近い状態で使用される従来のSLI用途のみならずPSOC(Partial State of Charge)条件化で使用される新しい用途への展開が期待されているこれは電池完全に充電されていない状態のことで完全充電状態での水分解や熱発生によるエネルギーロス抑えることができるPSOCでの問題として均等充電の必要性が挙げられる均等充電のためのエネルギーシステム全体のロスつながるので頻度が少ないほうが良い田中らは高電圧発生装置として開発されたククロフトウォルトン回路次電池充電回路として使用できると報告しているよって鉛蓄電池セル用た場合の回路動作検証目的する

2実験方法
 鉛板(99.99%0.5mm厚みニラコ)から有効電極面積が1cm2旗型電極に切り出し化学研磨溶液(酢酸(99.7%8.0gキシダ化学株式会社製)過酸化水素(35%2.0gキシダ化学株式会社製))中で30秒間化学研磨し50mlの純粋吹き付けるようにして洗浄する作成した電極でCV3サイクル測定し硫酸鉛析出させた電極つ作成しセル充電行ったうえで充放電試験行うCV測定試料極旗型電極対極Pt掃引範囲-0.7-1.3 vs.Pt-0.7-1.7 vs.Pt掃引速度は50mV/mincurrentは1mA充放電試験試料極対極硫酸鉛電極照極に照極にHg/Hg2SO4電極トオフ電位1.75V~2.2V電流密度1mA/cm2で行うセル動作確認されたら作成したセル放電状態した後回路に組み込み充電試験行うククロフトウォルトン回路基本とし電解コンデンサ1整流用Siダイオード3作成した鉛蓄電池2個用いた回路作成する充電ガルバノスタット用い定電流で電流密度1mA/cm2各部の電圧テスターで監視しながら電解コンデンサもしくは電池部の電圧が2Vに達した時点で極性切り替え交流電源代わりとしたそして通電中の各部の時間ごとの電圧測定する

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<h2> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=709'> ◇ </a> <a href=''> コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=709'> <q><cite> コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=709'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=709 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-9-19">2021-9-19</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=709

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.