HOME 教育状況公表 本日
⇒#63@講義;

0000.  電圧・電流の測定

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 無機・分析化学基礎実験 の単元です。 この講義(電圧・電流の測定)の親単元は 実験科目のテンプレート です。

初版
実験のねらい

電流1)電圧2)測定できること

1.テスター3)による電圧測定半田付け伴う電子回路アナログ回路の作成計算すること
2.テスター正しく使って測定した電圧電流の数値正確に読み取り記録できるようにすること
3.電子回路の動作確認ができ確実に動作する電子回路作成できること

この実験では各自でテスター準備すること

巻末付録電流電圧の測4)

●検討事項
オペアンプのかわりにマイキ
http://shop.gakk…


-----------------
1.電圧計の基本操作とテネータ
2.反転増幅器の作成
3.非反転増幅器の作成
4.ボルテージフォロアの作成
オペアンプ使って電流電圧測定するポテンショスタガルバノスタの基礎学ぶ

このテーマ12:453:30Bコースは別枠で終了する但し当該時間にガラス細工行った学生に限り終了時間3:55まで延長する作成した回路は続く応用実験などの科目で使用することがあるので捨てたりせずに各自責任もって保管すること及第点確保しても全てのテーマ終了しないうちに終了時間前に帰宅した場合は欠席とみなす
このテーマでは汎用オペアンプIC利用した種々の回路の組み立て 通して電圧電流測定技術習得する回路組み立ててゆくにあたり作業に取りかかる前にこの手引き最後までよく読んで穴空き基板のどの部分にどの部品取り付けるか分検討し回路図と配線図作成する図面後で書き込みができるようにノート1ページ杯に使って作成するノート基盤に取り付ける部品はオペアンプ抵抗個である配線材には抵抗の足の余り使う配線材の追加配布は行わないので図面上で分に最適化した設計行うアース使った書き方は熟練者向けであるからリターン回路省略せずに描く
図面に正解はないまず本人が理解できることそれから他人に理解させられること図面書いても組み立てられないのであればその図面は不分である半田づけ行ってから試行錯誤繰り返すのは非常に困難であるまず図面上で分に検討行い作成手順イメージしてから作業に入り実際の作業ではやり直ししないようにするまた図面はできるだけ大きく書き半田づけ作業の必要な箇所やテスターあてる位置が明確にわかるように書くまた質問行う場合は図面に基づいて行うこと口頭のみの質問は受け付けない
万一回路が動作しなかった場合は必ず自分でその原因調査動作させること実験時間内に動作しなかった場合は評価できない場合があるティーチングアシスタント個々の回路について動作不良の原因に関する質問は切受け付けないし実験者の作成した回路には切手触れない実験実験者が自己の技術と裁量で行うものであること分認識すること


テスター製品.

(1電流 I / A.
(2電圧 V / V.
(3テスター製品.
(4 > 巻末付録、電流・電圧の測
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, , (1995).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電圧・電流の測定 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=7853'> 無機・分析化学基礎実験 <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=63'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=63 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-12">2019-12-12</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=63

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.