HOME 教育状況公表 本日
⇒#4910@講義;

0009.0003.  体組成計と塩分計

立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52255/52255_09.asp

この 講義 エネルギー化学 の単元です。 この講義(体組成計と塩分計)の親単元は 電気化学測定法-サイクリックボルタンメトリーと交流インピーダンス法- です。

初版

水は極性があるため脂肪より電気よく溜めますだから電気の溜まり具合から脂肪と水分の比率が推定できますたまっている電気測るのにたまっている電気全部絞り出すより入れ物揺さぶって調べる方が簡単ですこれが交流印加する交流インピーダンス測定

体重計(ヘルスメーター・体組成計・体脂肪計)

塩分計

電池の評価法~交流インピーダンス法1)

インピーダンス Z 〔Ω

身近なインピーダンス測定の応用―体脂肪計、塩分計― 2)

インピーダンスの測定がもっとも効奏するのは電解液の導電率測定であろう導電率測定する方法コンダクトメトリー言う導電率計として身近な市販品として塩分計などがあるインピーダンス測定しているという感覚は薄れているかもしれないまた体脂肪計のように誘電率測定する方法もある導電率誘電率ように界面ではなくバルクターゲして測定する方法バルクメトリーと言う

 塩化カリウム水溶液の導電率

体重計(ヘルスメーター・体組成計・体脂肪計)
塩分計

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 山下正通、小沢昭弥. <q><cite> 体組成計と塩分計 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11273'> エネルギー化学 <a/a> 講義ノート, 2019. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4910'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4910 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-23">2019-10-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4910

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.