HOME 教育状況公表 本日
⇒#4684@講義;

  導電スラリーの導電率と電気化学的測定

伊藤智博、立花和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/_14/Bode_plus_RCp.asp

この 講義 導電スラリーの導電率と電気化学的測定 の単元です。 この講義(導電スラリーの導電率と電気化学的測定)の親単元は (null) です。

初版

スラリー

導電率 κ 〔S/m電場と電流密度の比表す物性値であるベクトル量であるスラリー混合物あるのでみかけの導電率 κ 〔S/mというべきかもしれない

スラリーは懸濁液のことで液体中に固体粒子が分散している混合物である

般に液体の導電率に関してはイオン独立移動の法則が成り立つがスラリー関してはそうとはいえない

分散媒が導電性の場合絶縁性場合ある固体粒子が導電性絶縁性場合がある

リチウムイオン次電池の正極スラリーでは分散媒がPVDFのNMP溶液固体粒子活物質炭素材料ある分散媒共有結合物質あるので絶縁体とみないしてよい活物質セラミクスあるのであまり電子伝導はないそれに対して炭素材料は電子伝導がある

合剤の分散とスラリーの作成1)

高速マンガン酸リチウム2)

電池の評価法~交流インピーダンス法3)

ミクニの特許

ヒオキの例

東洋テクニカ


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤智博、立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4684'> <q><cite> 導電スラリーの導電率と電気化学的測定 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11320'> 導電スラリーの導電率と電気化学的測定 <a/a> 講義ノート, 2018.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4684'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4684 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-8-12">2020-8-12</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4684

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.