🏠
🌡️ 📆 令和4年11月28日
⇒#461@講義;

👨‍🏫 200.  フッ化物イオンを持つアニオンは必須


EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗 では、 「フッ化物イオンを持つアニオンは必須」について 述べられています ⇒#461@講義;。

📆 初版
カチオンリチウムしようがアンモニウムしようがイオン性液体しようがッ化物イオン持つアニオン必須だということです酸化物イオン生成する過塩素酸アニオンでも不働態化しますがわずかな水分の混入で生成する塩化物イオンよって腐食されてしまいますッ化物イオンアルミニウム腐食関与しないようです1)



リチウム二次電池駆動用電解液中における正極集電体の皮膜絶縁性
○佐藤幸裕,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 2001年電気化学秋季大会, (2001).

(1リチウム二次電池駆動用電解液中における正極集電体の皮膜絶縁性
○佐藤幸裕,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 2001年電気化学秋季大会, (2001).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl461' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=461'> ◇ </a> <a href=''> フッ化物イオンを持つアニオンは必須 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=461'> <q><cite> フッ化物イオンを持つアニオンは必須 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11106'> EDLC集電体としてのアルミニウムの不働態皮膜とその表面接触抵抗 <a/a> 講義ノート, 2005.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=461'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=461 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-11-28">2022-11-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=461


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.