HOME 教育状況公表 本日
⇒#4496@講義;

0031.0004.  真空放電と熱電子

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/pikatto.asp

この 講義 ピカッとさいえんす の単元です。 この講義(真空放電と熱電子)の親単元は 真空管 です。

初版
メンディガラスの容器から空気抜いて高電圧かけると美しい光発することは結構古くから知られていましたたとえばこちらもすっかり見かけなくなったネオン管ですプラズマボールなどで見ることがありますね

ピカッとさいえんす放射線と節電01プラズマボール

真空放電ファラデーなんかも調べていましたが本格的に調べられたのはガイスラー水銀ポンプ発明してから大気一万分の気圧達成さらにポンプが発達して大気圧の100分のぐらいでカソードから負の電荷もったエネルギー粒子が飛び出していること見つけたのがクルクス

さて何気圧でしょうか?聴衆とテレビに向かって

カソードから出る光ということでカソードレイ高校では陰極線と教わるねブラウン管のことCRTいうけどあれはカソードレイチューブまさにYouTubeの語源だねこの陰極線カソードからアノード方通行で流れて磁場や電場で曲げることができるんです

陰極間の図解

さて話は白熱電球に戻ります

エジソンはね白熱電球フィラメント指さしながらこの白熱電球のフィラメント寿命延ばそうとして金属で覆い作ったんですくわえてエジソンは直流にこだわっていたため電気の片側だけにが起きること見逃した

エジソンにあこがれてエジソンの下で働いてすぐやめたフレミングモールス受信器のところで実験進めていましたそしてこの現象がラジオ検波使えること見つけたんですあとでだいぶ悔しい思いしたようですけど

どこがポイントかというと熱したフィラメントからは低い電圧で電子が飛び出すということ熱電子と言いますフレミングエジソン敬意表してエジソン効果と呼んでいます真空放電に必要だった高電圧がこの熱電子放出によってぐっと低い電圧になったんですね

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 真空放電と熱電子 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11124'> ピカッとさいえんす <a/a> 講義ノート, 2016. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4496'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4496 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-5-21">2019-5-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4496

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.