HOME 教育状況公表 本日
⇒#3642@講義;

  アルミニウム集電体の不動態化と接触抵抗

http://www.electronicjournal.co.jp/t_seminar/882.html

この 講義 電気化学的手法を使ったリチウムイオン二次電池劣化解析と材料開発への応用 の単元です。 この講義(アルミニウム集電体の不動態化と接触抵抗)の親単元は 大容量Liイオン電池用集電体セミナー です。

初版
集電体の不働態化と合材スラリー接触抵抗
アルミニウムアノード酸化
高電場機構アノダイジングレシオ
有機電解液中における不働態化
不定比化合物半導体と表面欠陥1)
集電体表面欠陥と炭素導電助材の接触
集電体スラリー界面に及ぼすバインダー分散剤影響


13001430 2. Al集電体の不動態化と接触抵抗
 1. 集電体の不動態化と合材スラリー接触抵抗
  1.1. 重層キャパシタと等価回路
  1.2. 内部抵抗接触抵抗
 2. Alのアノード酸化
  2.1. バリア型皮膜の生成
  2.2. 容積分率と腐食と不動態化
 3. 高電場機構アノダイジングレシオ
  3.1. バルブメタルとは? 
  3.2. 1V当たりの皮膜厚み
  3.3. 電場による皮膜内部のイオン輸送
 4. 有機電解液中における不働態化
  4.1. 水溶液系と非水溶液系の環境の違い
  4.2. 酸化物ッ化物イオン
  4.3. 他のバルブメタルとの比較
 5. 不定比化合物半導体と表面欠陥
  5.1. 絶縁体としての不動態皮膜
  5.2. 不動態皮膜の不定比性と漏れ電流
  5.3. アニオン吸着による絶縁化
 6. 集電体表面欠陥と炭素導電助材の接触
  6.1. 炭素接触による表面欠陥の顕在化
  6.2. イオン結合から共有結合への電子移動
  6.3. 接触抵抗の発現
 7. 集電体スラリー界面に及ぼすバインダ分散剤影響
  7.1. 集電体と炭素導電助材と有機分子のヘテロ界面
  7.2. トランジスタゲートとして働く有機分子
  7.3. 有機分子の双極子モーメント電位窓変化

 > 不定比化合物半導体とショットキー接合,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

(1 > 不定比化合物半導体とショットキー接合,
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3642'> <q><cite> アルミニウム集電体の不動態化と接触抵抗 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11248'> 電気化学的手法を使ったリチウムイオン二次電池劣化解析と材料開発への応用 <a/a> 講義ノート, 2011.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3642'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3642 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-13">2020-7-13</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3642

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.