HOME 教育状況公表 令和2年10月29日
⇒#2587@講義;

  UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験

https://upki-portal.nii.ac.jp/SSO

この 講義 サイバーキャンパス「鷹山」 の単元です。 この講義(UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験)の親単元は 国立情報学研究所 です。

初版
国立情報学研究所1)が中心になって行っているShibbolethの技術利用して電子ジャーナル利用グリドコンピュータ利用無線LAN利用時の本人確認等可能とする実証実験プロジェクトすなわちシングルサインオン(SSO)可能になる

山形大学もこのプロジェクト加し山形大学としての統合認証システム実証試験行っております2)

無線LANの利用については同じく国立情報学研究所が中心になって行っている大学間無線LANローミングプロジェクトUPKI, eduroam3)プロジェクトある

伊藤らは2009年に橋記念講堂で開催されたUPKIシンポジウム2009において既存の複数認証基盤統合したUPKI用統合認証基盤の構築について報告している4)

20097月からは学術系の認証フェデレーションプロジェクト5)してより運用意識した形でスタートしています

関連講義
サイバーキャンパス鷹山,大学間無線LANローミングプロジェクトUPKI, eduroam6)
サイバーキャンパス鷹山,学術情報ーク 7)

関連ノート
shibboleth IdPLDAP Proxy経由でAD認証する方法8)
山形大学のShibboleth IdP現状(UPKI-SSOへの取り組み)9)
Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応10)
UPKI用Shibboleth IdPGoogle Apps SSO利用する方法11)
Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンア12)

平成20シングルサインオン実証実験報告書: https://upki-por…

関連書籍
平成20年度シングルサインオン実証実験報告書13)
山形大学既存の複数認証基盤統合したUPKI-SSO/eduroam対応基盤の構築14)

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

既存の複数認証基盤を統合したUPKI用統合認証基盤の構築
伊藤智博,吉田浩司,鈴木勝人,青木和恵,UPKIシンポジウム2009講演要旨集 (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI-学術認証フェデレーション,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 学術情報ネットワーク ,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

Shibboleth IdPをLDAP Proxy経由でADに認証する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

UPKI用Shibboleth IdPでGoogle Apps SSOを利用する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

(1高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(2山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(3高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(4既存の複数認証基盤を統合したUPKI用統合認証基盤の構築
伊藤智博,吉田浩司,鈴木勝人,青木和恵,UPKIシンポジウム2009講演要旨集 (2009).
(5高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI-学術認証フェデレーション,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).
(6高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(7高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 学術情報ネットワーク ,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(8Shibboleth IdPをLDAP Proxy経由でADに認証する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(9山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(10Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(11UPKI用Shibboleth IdPでGoogle Apps SSOを利用する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(12Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(13平成20年度シングルサインオン実証実験報告書
国立情報学研究所 編, , (2009).
(14 > 山形大学「既存の複数認証基盤を統合したUPKI-SSO/eduroam対応基盤の構築」
国立情報学研究所 編, 平成20年度シングルサインオン実証実験報告書, , (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2587'> <q><cite> UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11027'> サイバーキャンパス「鷹山」 <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2587'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2587 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-10-29">2020-10-29</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2587

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.