HOME 教育状況公表 本日
⇒#2842@講義;

  UPKI-学術認証フェデレーション (学認:Gakunin)

https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed

この 講義 サイバーキャンパス「鷹山」 の単元です。 この講義(UPKI-学術認証フェデレーション (学認:Gakunin))の親単元は UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験 です。

初版
UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験1)2)の成果踏まえて国立情報学研究所3)が中心になり20097月より開始された学術系の認証フェデレーションプロジェクト

200985日に学術認証フェデレーション(UPKI-Fed)試行運用加説明会4)が開催されました

2010312UPKIシンポジウム2010 5)が開催されました

関連講義
サイバーキャンパス鷹山,大学間無線LANローミングプロジェクトUPKI, eduroam6)
サイバーキャンパス鷹山,学術情報ーク 7)
サイバーキャンパス鷹山,UPKI関係資料8)
サイバータウンテクノロア,大学間連携サイト9)

関連ノート
shibboleth IdPLDAP Proxy経由でAD認証する方法10)
山形大学Shibboleth IdP現状(UPKI-SSOへの取り組み)11)
Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応12)
UPKIShibboleth IdPGoogle Apps SSO利用する方法13)
Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンア14)
Shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンア15)
学術認証フェデレーションに対応するためのメタデータの更新作業16)
UPKI-eduPersonTargetedIDの設定17)
Shibboleth IdP StoredID用のテーブルの作成 (MySQL)18)
Shibboleth IdPでBase64に変換する方法19)
SAML1ScopedStringAttributeEncoderScriptに変更するときの注意20)
特定のSPに属性が特定の条件満たした時のみ属性情報送信するIdP設定21)
Active DirectoryeduPersonスキーマ対応にする方法22)
不具合Windowsサーバ2003Shibboleth SP構築するとコンテンツが破壊23)
IIS上にShibboleth SP構築したときに属性情報の文字化け修正する方法24)
Shibboleth IdPログSQLサーバに記録する方法25)
Shibboleth IdPのStoredIDの設定(MySQL)26)

関連リンク
平成20シングルサインオン実証実験報告書: https://upki-por…
学術認証フェデレーション試行運用加説明会資料https://upki-por…
山形大学学術認証フェデレーション実証試験https://upki.yam…

関連講演
山形大学における学認対応認証基盤整備とe-サイエンスへの取り組み27)

伊藤智博,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてスマートグリ実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築について報告している28)

伊藤智博,立…らは2010年に県民交流プラザ 和歌山愛で開催された第5回情報系センター研究交流連絡会議14回学術情報処理研究集会において学術認証フェデレーションよる科学技術の学術情報共有システムついて報告している29)


高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 学術情報ネットワーク ,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI関係資料,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

ヒューマ > パブリッ > 運輸、通 > コミニュ > 大学間連携サイト,コミニュティサイト
仁科 辰夫,サイバータウン・テクノロ, 講義ノート, (2012).

Shibboleth IdPをLDAP Proxy経由でADに認証する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

UPKI(学認)用Shibboleth IdPでGoogle Apps SSOを利用する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).

Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

Shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンアップ
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

学術認証フェデレーションに対応するためのメタデータの更新作業
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

UPKI-eduPersonTargetedIDの設定
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).

Shibboleth IdP StoredID用のテーブルの作成 (MySQL)
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

Shibboleth IdPでBase64に変換する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

SAML1ScopedStringAttributeEncoderをScriptに変更するときの注意
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

特定のSPに属性が特定の条件を満たした時のみ属性情報を送信するIdPの設定
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

Active DirectoryをeduPersonスキーマ対応にする方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).

【不具合】Windowsサーバ2003でShibboleth SPを構築するとコンテンツが破壊
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

IIS上にShibboleth SPを構築したときに属性情報の文字化けを修正する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).

Shibboleth IdPのログをSQLサーバに記録する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

Shibboleth IdPのStoredIDの設定(MySQL)
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

スマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築
○伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成22年度化学系学協会東北大会講演要旨集, 230 (2010).

学術認証フェデレーションによる科学技術の学術情報共有システム
伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,田島靖久,吉田浩司,学術情報処理研究 No.14, 135-139 (2010).

(1高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).
(2 > シングルサインオン実証実験の概要
国立情報学研究所 編, 平成20年度シングルサインオン実証実験報告書, , (2009).
(3高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報学研究所,大学共同利用機関法人
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(4学術認証フェデレーション(UPKI-Fed)試行運用参加説明会会議.
(5UPKIシンポジウム2010 会議.
(6高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(7高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 学術情報ネットワーク ,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(8高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI関係資料,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).
(9ヒューマ > パブリッ > 運輸、通 > コミニュ > 大学間連携サイト,コミニュティサイト
仁科 辰夫,サイバータウン・テクノロ, 講義ノート, (2012).
(10Shibboleth IdPをLDAP Proxy経由でADに認証する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(11山形大学のShibboleth IdPの現状(UPKI-SSOへの取り組み)
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(12Shibboleth IdP, SPのUPKI-Fed.Schemaへの対応
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(13UPKI(学認)用Shibboleth IdPでGoogle Apps SSOを利用する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).
(14Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(15Shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンアップ
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(16学術認証フェデレーションに対応するためのメタデータの更新作業
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(17UPKI-eduPersonTargetedIDの設定
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).
(18Shibboleth IdP StoredID用のテーブルの作成 (MySQL)
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(19Shibboleth IdPでBase64に変換する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(20SAML1ScopedStringAttributeEncoderをScriptに変更するときの注意
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(21特定のSPに属性が特定の条件を満たした時のみ属性情報を送信するIdPの設定
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(22Active DirectoryをeduPersonスキーマ対応にする方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2011).
(23【不具合】Windowsサーバ2003でShibboleth SPを構築するとコンテンツが破壊
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(24IIS上にShibboleth SPを構築したときに属性情報の文字化けを修正する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2009).
(25Shibboleth IdPのログをSQLサーバに記録する方法
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(26Shibboleth IdPのStoredIDの設定(MySQL)
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(27山形大学における「学認」対応認証基盤整備とe-サイエンスへの取り組み
伊藤 智博, SINET&学認説明会(2010年度;札幌), (2010).
(28スマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築
○伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成22年度化学系学協会東北大会講演要旨集, 230 (2010).
(29学術認証フェデレーションによる科学技術の学術情報共有システム
伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,田島靖久,吉田浩司,学術情報処理研究 No.14, 135-139 (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> UPKI-学術認証フェデレーション (学認:Gakunin) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11027'> サイバーキャンパス「鷹山」 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2842'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2842 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-17">2019-11-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2842

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.