HOME 教育状況公表 本日
⇒#1555@講義;

  可視光線と色彩

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Image/Color.asp

この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(可視光線と色彩)の親単元は 光と電磁波(光エネルギー) です。

初版

と重さがわかるとだいたい物体が定義できます視覚と光エネルギー基ずく情報です自分で発光しない物体観察するには照明必要です見ることで長さ  〔m速さ v 〔m/sがわかります

スペクトル色度座標

1)グリーン

特に赤青は原色またはと呼ばれます

遠藤昌敏横…らは1999年にで開催された第3回分析化学東京シンポジウム1999機器分析東京討論会において差計測による微量化学種の簡易定量について報告している色彩色差計測による微量化学種の簡易定量2)

赤外線吸収スペクトル3)

関連講義

無機工業化学,情報とメディア4)

第8回:色っぽい話―ディスプレイ5)

電気化学の庵,慣用色名、色度座標ほか6)

日本色彩学会7)

電気化学の庵,可視光線と色彩8)

考書籍

色彩工学の基礎9)

色の常識10)

ファインマン物理学  波動目次

ファインマン物理学  波動目次

最小時間の原理
幾何
電磁輻射
干渉
回折
屈折率本質
輻射減衰.散乱

輻射における相対論的効果
色覚
量子現象
波の見方と粒子の見方との関係
気体分子運動
統計力学原理
ブラウン運動
分子運動論の応用
拡散
熱力学法則
熱陸学の説明
爪車と歯止め
.波動方程式
唸り
モード
ハーモニクス

物理法則対称性




原著は冊ですが訳書は冊からなります

ファインマン物理学力学1)
ファインマン物理学  波動2)
ファインマン物理学電磁気学3)
ファインマン物理学電磁波物性4)
ファインマン物理学量子力学5)
(1ファインマン物理学1―力学
ファインマン、レイトン、サンズ/坪井忠二, 岩波書店, (1971).
(2ファインマン物理学2―光 熱 波動
ファインマン、レイトン、サンズ/富山小太郎, 岩波書店, (1971).
(3ファインマン物理学3―電磁気学
ファインマン、レイトン、サンズ/宮島龍興, 岩波書店, (1971).
(4ファインマン物理学4―電磁波と物性
ファインマン、レイトン、サンズ/戸田盛一, 岩波書店, (1971).
(5ファインマン物理学5―量子力学
ファインマン、レイトン、サンズ/砂川重信, 岩波書店, (1971).

出典:
ファインマン物理学2―光 熱 波動(目次)
(ファインマン、レイトン、サンズ/富山小太郎. ファインマン物理学2―光 熱 波動. 岩波書店, . ) 11)

動画光と色(虹と夕焼け)12)

ピカッとさいえんす光と虹と夕焼け

http://c1.yz.yam…

講義ノート錯体の構造と溶液の異性と電子軌道錯体の構造と溶液の色(異性と電子軌道)13)

色彩色差計測による微量化学種の簡易定量

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 可視光線と色彩 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1555'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1555 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-8">2019-12-8</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1555

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.