HOME 教育状況公表 本日
⇒#1507@講義;

  香りの素を作ってみよう―エステル


この 講義 電気化学の庵 の単元です。 この講義(香りの素を作ってみよう―エステル)の親単元は 化学への招待2007(平成19) です。

初版
 果物それぞれ独特な香り持っていますこの香り成分多くはエステル呼ばれる化合物です1)今日はこのエステル合成その香り確かめてみましょう
 エステル原料カルボン酸アルコールカルボン酸代表としてはお酢の成分である酢酸アルコール代表としてはお酒の成分であるエチルアルコール挙げられます今日の実験で使う薬品の分子の構造以下に示します左側がカルボン酸右側がアルコール

空気清浄機ついてるにおいセンサー良い香りもいやなにおいも同じように反応してしまいます

(1バス・トイレの中で
上野景平, これが正体身のまわりの化学物質 電池・洗剤から合成甘味料まで, 講談社ブルーバックス, (1991).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> 日本気象協会,ALiNKインターネット. <q><cite> 香りの素を作ってみよう―エステル </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1507'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1507 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-21">2019-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1507

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.