⇒#208

発電機

発電する機械1831電磁誘導ファラデーの電磁誘導の法則1)発見したファラデーファラデー(マイケル・ファラデー)(英)1791―18672)よって発明され1866ジーメンスジーメンス(E.W.von Siemens)3)が改良しました19世紀4)力学的エネルギー E 〔J電気エネルギー変換します力学エネルギーから電気エネルギーへの変換5)基本的な原理はモーター同じです回転数に比例した誘導電圧が発生します火力発電などに応用されます電力館(東京電力)6)でんきの科学館7)電車電気自動車モーター発電機切り替える回生ブレーキで電力回生にも使われます

電気磁気

物体の帯電
クーロンの法則
電気力線と電場電界
電位と電位差
電場中の導体と不導体
コンデンサー
4.7. 電流電気抵抗
4.8.非直線抵抗
4.9. 直流回路1)
磁場磁界と磁力線
電流による磁場
磁場中の電流
電磁誘導
自己誘導と相互誘導
交流
4.17. 交流の利用
4.18. 電磁波2)

(1電気と磁 > 直流回路
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(2電気と磁 > 電磁波
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

出典:
電気と磁気
(中村英二、吉沢康和. 新訂物理図解. 第一学習社, . ) 8)
じしゃく忍法帳 磁石エレクトロニクスのはなし目次

テーマ理科実験磁石1)
コラム磁石の基礎用語
テーマ12ハカリと電子天秤の巻
コラム磁石の種類
テーマ13自転車の発電機 人力も自然エネルギー
コラム磁石の科学技術史
テーマ19感温リードスイ磁石磁石でなくなる温度
テーマ20電子レンジマグネトロン磁石利用してマイクロつくる2)
テーマ29HDD磁気ヘッド 浮力利用して高速高密度記録
テーマ30アイソレータ磁石 携帯電話の中で電波の交通整理


3)
(1 > 「理科実験と磁石」の巻
吉岡安之, じしゃく忍法帳 磁石とエレクトロニクスのはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(2 > 「電子レンジのマグネトロン」磁石を利用してマイクロ波をつくる
吉岡安之, じしゃく忍法帳 磁石とエレクトロニクスのはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(3 > 電子の回廊(目次)
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).

出典:
じしゃく忍法帳 磁石とエレクトロニクスのはなし(目次)
(吉岡安之. じしゃく忍法帳 磁石とエレクトロニクスのはなし. 日刊工業新聞社, . ) 9)

関連書籍

化学工業の歴史

産業革命

灰汁

1785 ベルトレ 塩素 漂白

ルブラン ソルベー

炭酸ナトリウム

1865 ソルベー 撹拌 向流

1866 ジーメンス 発電機 電気めっき 電解精錬

関連書籍

工業化学の新しい動向

化学工業歴史1)

世界の化学工業の歴史産業革命の発祥地であるイギリスから出発したといえる

日本の化学工業の勃興と発展2)
化学工業の特徴
資源エネルギー
日本の化学工業の将来

最新工業化学持続的社会に向けて目次3)
(1工業化学 > 化学工業の歴史
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(2工業化学 > 日本の化学工業の勃興と発展
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(3 > 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).

出典:
工業化学の新しい動向
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.1. ) 1)

関連講義

無機工業化学,工業化学の歴史@無機工業化学2)

無機工業化学,世界の産業革命3)



出典:
化学工業の歴史
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.1. ) 10)